最近のインプットから思うこと 2021spring #diary

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

この記事は公開から2年、最終更新日からも2年経過しています。内容が古くなっている可能性があります。

音楽のいろいろなアプローチ。
それは実験的であったり。
しかし極めてメロディアスであったり。

生命と音楽。
呼吸と音楽。
思考と音楽。
ひとと音楽。
機材と音楽。

制約と自由。
自由と制約は表裏一体なのかもしれない。
何をしても良い、と言われたときに
何もできなくなるようなこと。
逆にこういった制約やルールがあることで
案外に、アイディアが生まれ出ることも多い。

ジョン・ケージの厳密さ
植物の奏でるメロディの美しさ。
そして演奏の素晴らしさ。


————————
音を聴く
動画を観る
絵を観る
それらが極めて不自由だった月日
まだ不自由さが残るものの
少しづつ光が見えてくる一瞬。
その光はもしかしたら明日には
小さくなっているのかもしれないけれども
少なくともその数々の現場には光がある。

意図せず生まれた作品と
創るという意志のもとに生まれた作品と。

上がらないモチベーションが
時々だけど上がる時がある
その繰り返しだけれど
上がる、という事象が存在することの
ありがたさ。

企画の方々、そして、アーチストの方々に感謝。
またなにかやろう。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
最近のインプット
——-
藤枝守音楽塾 第1期 #4 ジョン・ケージの図形思考
2021年1月17日(日)
箱崎水族館喫茶室

「藤枝守音楽塾」 第1期 #6 植物文様の現在 生のかたちをみいだす
2021年3月21日(日)
箱崎水族館喫茶室

Manami Uetake photo exhibition「Pixeillance」
2021年3月28日(日)
EUREKA

坂本豊
佐賀県多久市アーティスト・イン・レジデンス成果発表展
“Synthetic Virtual Nature Soundscape “
サウンドインスタレーション
2021年3月28日(日)
アルタスギャラリー

井上絢子「So Close,Yet So Far Away」
2021年4月4日(日)
EUREKA

宋秀臣 写真展 Map of Acid
2021年4月4日(日)
art space tetra

  • スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA