20170914(UTERO)+20170915(アジア美術館) アジアン・ミーティング・フェスティバル 2017 #AsianMeetingFes2017 #diary

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

福岡2日間とも観てきた。

とにかく素晴らしいの一言の二日間だった。
何がベストで何がベターでとかいう評価軸はなく、ただただ素晴らしかった。
大友良英さんが10年以上前に始めた活動が、本人がライブやおそらく実際の企画にも参加しなくても、こういった形でしかもそれなりの規模で、活動が続いているのが本当に素晴らしい。

福岡にいながら、アジアの音楽を意識することは実は皆無だけれど、アジアとか欧米とかそういうことではない概念がきっとこの世界にはあるのだろう。
音楽活動続けていて、福岡、という単語は大きく意識するし、東京という単語も大きく意識する。
でも海外は、というと、ネットの発達した世界においてもやはり、実際に現場で交流できるアーチストの数はとても限られているし、それぞれの場所で起きていることは、たまたま来日したアーチストから見聞きすることしか出来ない。それはもしかすると偏った内容かもしれないし、案外、その場所の特色を平均的に映し出したものなのかもしれない。
偏った内容であっても平均的な内容であっても、それは、その場所のある側面を必ず投影しているものであることは事実だろうし、それ自体が貴重で尊いことだと思った。
今回はその貴重さと尊さをとても感じたイベントだった。

今回の音楽が即興や実験やノイズという単語にどうしてもくくられがちだけれど、おそらく、そんなちっぽけな概念を大きく上回る何かの存在がそこにはあるに違いない。
明日への音楽(+色々な表現活動)の活力をもらった。
*個人的な文章です。各プレーヤーのことも書こうと思ったけど今回は全体の印象を大切にしたいと思ったので省きます。

つぶやき

*私のtwitterつぶやきのコピペです

UTERO/9月14日〜アジア美術館/9月15日

リアルな現場、何かが生まれてくるような現場に立ち会えて幸せです。
酔うのは明日にしようと思ったけど酔った

今日は仕事の関係で40分しか観られずそれは残念だったが、dj sniffから張惠笙に繋がれる場面が観れた。そのあと全員によるセッション/アンサンブルへ。
2日間とも遭遇したお客さんも多かった。昨日は音楽、今日は音楽と美術の間といった感じ。どちらが良い悪いではなくてどちらも対等に素晴らしかった。UTEROではステージがあった一方、アジ美ではステージはなく各ミュージシャンの場所が設置されて
いや、固定場所は仮の位置にしか過ぎないのだろう。
特に今日はお客さんも動き回っているし、動くことで観えてくるもの聴こえてくるものが常に変化し、途中まで気づかなかった天井にもレーザがはなたれていた。
UTEROでは数人のセッションで個性のぶつかり合いという感じな一方、アジ美では私がソロをほとんど見れなかったこともあり、全員による美しいアンサンブルがとても印象的だった。ラスト前のあの美しさってあれはいったいなんだったんだろう?
アジ美。回遊性の高い場所もあって、一人ひとりのミュージシャンの音や映像や仕草を観ることも出来るし、全体の音や雰囲気を楽しむことも出来る。数年前のYCAM公演でもとても印象に残っている構成だった。
音楽ももっともっと場所による感覚の違いや、光や映像による感覚の違いを有効に表現できるようになるとお客さんとの関係性も含め新しい何かが生まれてくるのではないか、と思った。
ので、僕も演奏するときはそういう場面を気にするシチュエーションがたくさん増えると良いな。
ああ、しっかり映像作家も同行しているんだ!!
そうそう、今この場面で僕の音いらないと思ったら出さない方が良い。でもつい、存在感出すために音出しちゃう。そこに落とし穴がある。

Photo

20170914 UTERO

20170915 アジア美術館

Information

20170914 UTERO

AMF 2017 Fukuoka UTERO

AMF 2017 Fukuoka UTERO
UTERO
出演 dj sniff(香港)、イ・カホ Yii Kah Hoe(クアラルンプール)、C・スペンサー・イェー C Spencer Yeh(ニューヨーク)、カリフ8 Caliph8(マニラ)、グエン・タン・トゥイ Nguyễn Thanh Thủy(ハノイ)、張惠笙 Alice Hui-Sheng Chang(台南)、ムジカ・テト Musica Htet(ヤンゴン)、アーノント・ノンヤオ Arnont Nongyao(チェンマイ)、ユエン・チーワイ Yuen Chee Wai(シンガポール)
ゲスト DJ-SPEEDFARMER(北九州)、竹永省吾(大牟田)、ドラびでお(山口)、吉田肇(福岡)

20170915 アジア美術館

AMF 2017 Fukuoka アジア美術館

福岡アジア美術館
出演 dj sniff(香港)、イ・カホ Yii Kah Hoe(クアラルンプール)、C・スペンサー・イェー C Spencer Yeh(ニューヨーク)、カリフ8 Caliph8(マニラ)、グエン・タン・トゥイ Nguyễn Thanh Thủy(ハノイ)、張惠笙 Alice Hui-Sheng Chang(台南)、ムジカ・テト Musica Htet(ヤンゴン)、アーノント・ノンヤオ Arnont Nongyao(チェンマイ)、ユエン・チーワイ Yuen Chee Wai(シンガポール)
ゲスト 一楽儀光(山口)


  • スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA