塩田千春/他者である私(SHIOTA Chiharu/Me as Others)

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

「他者である私」から逃げることは出来ないのだろうか?

こういった展示は日頃、あまり考えない事を考えさせてくれるので、面白い。
「他者である私」
自己の内面と向き合い
客観的なようで
主観的なようで
自己なのか他者なのかわからない

赤いもの
自己の内部にあるものを外に取り出してみる。
生々しく
鮮やかで
生のための
でもあまりスムーズではない
循環

黒いもの
動けない
固定されたもの
動くための
パワーを
内面に蓄える
でも
そこに
とどまる

白いもの
黒いものとの対峙
黒が自己で
白が他者なのか
それとも
白が自己で
黒が他者なのか


作品数も多くなく
一つの作品をゆっくり考えながら感じながら観られます。
関連イベントもあるようです。
—–
塩田千春/他者である私
SHIOTA Chiharu/Me as Others

■日時:2012/9/22[土] – 10/15[月]
■会場:三菱地所アルティアム

≪関連イベント≫
◆岡田利規による朗読会
日 時:10月5日(金)19:00~20:00
◆ギャラリートーク
日 時:9月30日(日)、10月7日(日) 14:00~(20分程度)


  • スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA