ATOMIC(2016.2.11 | ニューコンボ)

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

ATOMICという北欧(ノルウェーとスエーデン)のジャズ、フリージャズ系のライブ。

DSCN0510

完全即興ではなく色々仕掛けが施された楽曲を演奏。

今回のお気に入りなのはドラマーのHans Hulbœkmo
姿勢も悪く(笑 本当に姿勢が悪いのかどうかはよくわからない)、せわしく忙しく動いている感じなのに、めっちゃサウンドしてる。大好き☆
あと、通常タムがセッティングされる場所にコンガが2つセッティングされててユニークな音を出してました。

このバンド、もともとはTHE THINGやARASHIでもたびたび、来福しているPaal Nilssen-Loveがドラマーだったらしいけど2014年にHansにメンバーチェンジしたとのこと。ニルセンラブリンが叩いてたらまた別の面白さ、ハードさだったろうなあ、と想像しながら聴くのも楽し。

曲の構成も色々仕掛けがあって、印象的だったのはトランペットのフィーチャリングソロの時、サックスの人が合図を出し(高いとか低いとか上昇とか下降とか)、サックスとピアノが呼応するというもの。観てて楽し。

ATOMIC・・・英語版wikiには紹介されています。
Atomic (band) – Wikipedia, the free encyclopedia

会場はニューコンボ。
DSCN0507DSCN0508

—–
deterra presents
ATOMIC
ATOMIC | Events | deterra
Fredrik Ljungkvist – tenor saxophone, clarinet
Magnus Broo – trumpet
Håvard Wiik – piano
Ingebrigt Håker Flaten – bass
Hans Hulbœkmo – drums

http://atomicjazz.bandcamp.com/album/lucidity
http://www.atomicjazz.com/about-us/

2016/2/11(thu) Fukuoka New Combo
http://www.f2.dion.ne.jp/~combo/


  • スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA