Kawai/Fukuyaka/Takei improvisation with Dance:Matsuoka Ryoko

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

良かった。

出鼻をくじかれたわけではないけれど、
あのスピード感はなかなか出せないんじゃないかなあ〜
そして、3人とも観てても楽しいからね!
誰を観て、誰を聞いて演奏してるのかっていうのが、
いろいろな展開のきっかけになってて面白い。

後半。
掛け声で始まる。
(あれは?聞き忘れた…..)
音と身体の関係性について考えてみる。
3つの頂点から放たれる音が、四角形の4つ目の頂点に
収束していくかのようだった。

年末クリスマスなんか関係ないぜ!という爽快なライブだった。

※ちなみに、
 僕は、全力で演奏するときに、「1・2・3・4!」で始めるんだけど、
 それってカウントの意味は全くなく
 「やー!」とか「とぉー」とかで始めればよいのだ!
 と、武井さんに言われたことがあったっけ?
 そのとおりでございます^^;
 書いてて思い出した。。。
—–
「Kawai/Fukuyaka/Takei improvisation with Dance:Matsuoka Ryoko」@箱崎水族館喫茶室
2014/12/25

河合拓始:ピアノ
福山ワタル:ウッドベース
武井庸郎:ドラムス・パーカッション
松岡涼子:舞踏

10269063_816695388368706_8139275093564347287_o


  • スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA