震災後約3年半後の三陸その2(奥州→石巻→仙台)★東北旅行+演奏(4)_20140819

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

石巻元気の湯

◯前日、三陸を北上ののち、西側(内陸)に移動し、奥州市の水沢駅近くに宿泊。
◯疲れていたのでコンビニ探ししかしなかったけど、やたらと飲み屋が多いなあ、という印象だった。
◯奥州市というのは、ほとんど知識0でしたが、岩手県第三の都市。平安時代末期に奥州藤原氏が統治していた地域で、この南には世界さんにも指定されている平泉地区がある。なるほど。

◯平泉に行くという手もあったが、なんとなく、温泉に入りたい気分なのと、この日は再び仙台にホテルを予約しているので、とりあえず4号線を南下。
◯温泉の看板が結構あったのですが、結局朝昼兼用の食事のために、ジョイフルに入る。
◯写真は途中の、ファミリーマート 宮城金成店、ジョイフル 宮城築館店あたりで撮影。この日も天気が良かった。

◯ジョイフルで作戦練り直し、そうだ!やはりもう一度三陸の方向に行こう、と思い、「石巻 温泉」で検索すると「元気の湯」という温泉があるとのことで、そこに行こうと!
◯しかしながら、ここから、Wi-FiのみのiPad miniのため、マップアプリがあまり使い物にならないにもかかわらず過信してしまい、なんだか迷い、迷い、迷った。
◯標識を頼ればよいのだけれど、土地勘がなく地名もわからないので石巻方面になかなかたどりつかない。
 ※途中、冷静にマップアプリを眺めればよかったのだけど。。。
◯なのでこの間の写真なし。

◯それでもくじけずに、到着しました「元気の湯」
元気の湯twitter;元気の湯 (genkinoyu)
元気の湯blog;石巻市 天然温泉元湯 元気の湯
◯やはり被災して、オーナーが変わった上で再建したとのこと。twitterの投稿がなんだか泣けるけど応援ということで、温泉入ってきました。

◯リフレッシュ出来ました。

◯さて、ここから仙台に向かおうと思いつつ、せっかくなので、海に近いところに行ってきました。
◯被災の痕と瓦礫の山。
◯SHOREKIとは昭和瀝青工業株式会社(昭和瀝青工業株式会社 │ 環境にも配慮したアスファルト事業を世界規模で展開)東北営業所のようです。ただ震災後の2012年11月05日に開設とあります。なるほど。
◯場所(元気の湯からSHOREKIまでの道路図)はこのあたりです。

◯このあたりを車と徒歩で色々まわってみました。
◯当然のことながら、堤防改修工事中でした。
◯思ったのは、海の水面が異常に高く、(満潮だったのかもしれませんし僕の目の錯覚だったのかもしれませんが)歩いている道路より水面のほうが高いのではないかと思えるぐらい。
◯なんだか自然の不思議というか恐怖というか、色々な感情がうずまきました。
◯もっと海に近づいてみたい気もしましたが、工事中の場所ということもあり遠慮しました。

◯水面の高さをなんとか写真に収めようとパノラマ写真を撮影しましたが、あまり上手に撮れませんでした。



IMG_3708IMG_3714

◯もう結構夕方になってしまい、レンタカーの返却も20時だったので、三陸自動車道で仙台まで。仙台では結構な渋滞に巻き込まれ、ガソリンもランプが付きながらもなんとか帰着。

◯この後、仙台に来たらこのレコード屋さん!というわけで、store15nov(電子音楽,実験音楽,テクノなどのレコードとCD通販STORE15NOV)の閉店間際に駆け込み、CD2枚ばかし買ってかえりました。
購入したのはこの2枚。
・MORTON FELDMAN / TRIADIC MEMORIES 2010 VERSION(Performed by Jean -Luc Fafchamps)
・Nam June Paik/ Works 1958-1979
store15nov

◯仙台駅地下の食堂街でご飯を食べて、夜はマッサージにもいってリフレッシュ。
仙台

◯翌日は盛岡まで移動して(青春18きっぷなので各駅停車です)夜は演奏です。

★当ブログ投稿写真を含む写真集
震災後約3年半後の三陸その2(奥州→石巻→仙台)★東北旅行+演奏(4)_20140819
※写真は NIKON COOLPIX S9700 で撮影 → eyefiカードでiPad mini転送 → iPhotoでiMacに取り込み → Google picasaにアップロード


  • スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA