震災後約3年半後の三陸(松島→南三陸→気仙沼)★東北旅行+演奏(3)_20140818

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

気仙沼復興商店街南町紫市場

◯松島で気持ち良い海と空を堪能した後、三陸の方に。本当は海岸線沿いを北上しようとも思っていましたが、松島でのトラップもあって、三陸自動車道を利用。
◯目標地点は南三陸経由気仙沼。気仙沼のジャズ喫茶「ヴァンガード」を目指す。この目標地点も当日ネット検索して決めた。「三陸 ジャズ喫茶」、もしくは「気仙沼 ジャズ喫茶」という感じのキーワードで。

◯三陸自動車道の矢本パーキングエリア、そしてどこかで高速を降りて(土地勘もなく時間も経ってしまい、地名をあまり覚えておりません。。。)南三陸の看板を頼りに。※ナビ無しのレンタカーだったので。あと、iPad miniのナビはWi-FiのみでGPSはないので、カーナビとしては相当粗いためあまり役に立たないことが判明。

◯南三陸あたりだったと思う。やたらと工事が多く、また土砂も積み上げられていた。
◯あちこちに「津波ここまで」とか「津波ここから」の標識があり、リアル。
◯あと、思った以上に海が近い。

◯いや、思わず泣けました。そんな。。。

ありがとう

◯突然現れる海。そしていたるところに仮設住宅の案内。
◯本当は仮設住宅まで出向くというのもありだったのだが、そこまでの勇気はなかった。なんか近寄れなかった。

◯絶句です。写真には撮れなかったのだけれど、「南三陸町防災対策庁舎」がこの近くです。ちょっと書きながら号泣中。

◯小さな漁港、そして大谷海岸駅(道の駅)。
◯今は、鉄道は走っておらず、一部区間を、BRT(バス高速輸送システム)という仕組みで気仙沼線は運行しているとのこと。

◯大谷海岸駅近くのプレハブ住居?入居者募集。

20140818_大谷海岸駅

◯そして気仙沼へ。ジャズ喫茶「ヴァンガード」をさがすのにちょいと迷い、結構な時間に。
◯しかし、これ(カレー、サラダ、コーヒー付き)が500円であった。
◯お勘定の際に、ほんの少しだけ、お話させていただく。東北にきて、やたらと、「東北がんばろう」という標題がいたるところに掲げられていて、「がんばろう」以外の言葉のほうが良いのでは?と思っていたにも関わらず、マスターには「頑張ってください」と言ってしまいました。
こんなツイートもしていたというのに。


◯大きいスピーカーから流れてくる心地よいバイオリンサウンドは意外なことに太田惠資さんであった、と思い、Keisuke Ohta Homepageを覗いてみたら、あら、昨年、生死もあやぶまれるほどの病気をされたとのこと。いまは完全復活されこの日記を書いている9月にも、ICPオーケストラとの共演や今度福岡県内にも来られる沖至さんはじめ、ユニークなメンバーとのライブ→「「ユリシーズの秋」 沖至(tp.) 太田惠資(vl.) 八木美知依(二十一絃箏 十七絃箏) さがゆき(voice) 白石かずこ(詩朗読)」、また、羽野昌二さんとの共演や、そして、いぜん、糸島でご一緒させて頂いた今西玲子さん(筝)との共演など精力的に活動されているようで、良かったです。本題から外れてしまいましたが。

◯ヴァンガードがある場所も仮設の商店街「気仙沼復興商店街南町紫市場」
◯もうだいぶ遅くなりそうだったので、ジャズ喫茶だけで失礼させて頂きました。

◯この日は、気仙沼に泊まればよかったのだが、ホテルを事前に予約するときに、少し内陸の奥州市というところにホテルを予約しておりました。
◯約2時間、東に真っ暗な道を走る。途中、猛然とした豪雨に襲われ、たまにしか運転しない僕は少し怖くなりつつも、無事宿泊先へ。
◯次の日のことも未定。平泉あたりに行こうか、それとももう一度三陸・石巻当たりに行こうか、それとも、仙台まで直接帰ろうか?色々思いを巡らせ、結局ほとんど何も決めず、おやすみなさい。

★当ブログ投稿写真を含む写真集
震災後約3年半後の三陸(松島→南三陸→気仙沼)★東北旅行+演奏(3)_20140818
※写真は NIKON COOLPIX S9700 で撮影 → eyefiカードでiPad mini転送 → iPhotoでiMacに取り込み → Google picasaにアップロード


  • スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA