関係性と出逢う#01 詩と出逢う会 / (アンナイニン)上田假奈代

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

しゅんちゃんの詩を作ったよ!

(作った詩のキーワードのみ)
暑い夏、一日の始まり、トマト、昼寝。
暑い夏、一日の終わり、花火、涼しくなったかな。

しゅんちゃんから僕のイメージの詩を作ってもらったよ!
(やはり、キーワードのみだけど、早速、壁に貼ったよ!)
博多の夏。
花火、そうめん、山笠、友だち

にこちゃんの会主催で、
上田假奈代さんをアンナイニンとして、
様々な心身状態の人が参加して、
様々な詩と出逢う。

自己紹介、ニックネーム動作付き、
回し読み、
二人一組になって、
お互いにインタビュー
詩をつくる。
色画用紙に清書、
朗読。

詩の朗読に
わ〜っという反応があったり、
笑いを誘ったり、
なるほどと頷いたり、
しみじみしたり。

上田假奈代さん、存じ上げなかったのだけれど、
某Facebookであの人やあの人やあの人と繋がってて、
ほほう〜

やさしく、ほっこりと、
穏やかで、あっという間の2時間でした。

—–
全く主題とは関係ないけど、ニコちゃんの会のHP、WordPressだ!

—–
関係性と出逢う#01 詩と出逢う会

スルコト : 詩のワークショップ
スルヒト : 様々な心身の人
トキ : 2014年6月21日(土)
トコロ : 九大サテライトLUNETTE

NPO法人ニコちゃんの会

アンナイニン : 上田假奈代(詩人・詩業家)
1969年生まれ。3歳より詩作、17歳から朗読をはじめる。92年から詩のワークショップを手がける。01年「詩業家宣言」を行い、さまざまなワークショップメソッドを開発し、全国で活動をつづける。03年ココルームをたちあげ「表現と自律と仕事と社 会」をテーマに社会と表現の関わりをさぐる。日雇い労働者の町・大阪は西成区(通称・釜ヶ崎)で「インフォッショップ・カフェ ココルーム」、「カマン!メディアセンター」などを運営。NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)代表。大阪市立大学都市研究プラザ研究員
2013年朝日新聞 関西スクエア大賞受賞

主催:NPO法人ニコちゃんの会
特別協賛:アサヒビール株式会社
助成:アサヒグループ芸術文化財団
協力:九州大学田北雅裕研究室


  • スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA