【観覧!】Peter Brötzmann / Paal Nilssen-Love 福岡演奏 #diary

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

Peter Brötzmannの音がとにかくでかい。ニルセンラブのドラムスに生音でも全く負けない音圧。そして朗々と朗々とブロウする。
テナーサックスと二種類のクラリネットを吹き分ける。
中でも通常のクラリネットでのグロートーン、そして(おそらく)メタルクラリネットの正統派的なクラリネットの音色をひたすら堪能。
クラリネットのトーンホールを塞いだりあけたりすることによる音色の変化が豊富だった。

Paal Nilssen-Loveのドラムスの音も速くてでかい。ドラムスの奏法も縦横無尽。
最後はスネアに穴が空いていた。
キリキリ、ずどんずどん、カタタタタカタタタt、ドッシャーン☆

壮絶かつ極めてアグレッシブな音楽。
年輪は新しさでもある。

そして僕も全く修行が足らないことを改めて思い知らされる。
良い意味での屈辱の中、六本松の夜は一件だけで我慢した。


——-
Peter Brötzmann / Paal Nilssen-Love 福岡演奏

Peter Brötzmann – saxophone , clarinet
Paal Nilssen-Love – drums

2017/04/20 Fukuoka New Combo

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

  • スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA