いのちは即興だ/近藤等則

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

近藤等則さんがいのちや即興を題材にして書いた書籍。

近藤さんとの出会いは、チベタンブルーエアーリキッドバンド。
もう30年ぐらいも前の事だ。

本書では、近藤さんが、ミュージシャンになると決めた頃のことや
最近の主な活動「地球を吹く」のことが主に書かれている。
新体道、自然、精神、エレクトリック、いのち。

単なるジャズ、即興演奏にとどまらない、ワンアンドオンリーな表現で
勇気づけられたことも多い。

自由でかっこいい。

自然と向き合い、
現代の決められたシステムに背を向けながらも
それに対峙するヒントが書かれているような気がする。

僕は近藤さんではないので
全てのことを真似することは出来ないけれど
それでも
即興演奏で表現するものとして
そして同じ時代を生きるものとして
自然とバイブレーションしながら
できる限り自分に忠実に
進んでいければなあ、
と思う。

—–
いのちは即興だ/近藤等則
地湧社
2008/10


  • スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA