[photoshop勉強]文字とシェープによるマスク #photoshop

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

photoshop勉強中。

◆今回の概要

(A)文字マスクツールを使って、元の画像をマスクします。

(B)シェイプを使って元画像のクリッピングマスクを作成します。

◆結果

元画像

001_p236_02_original

結果画像

017_最終画像

◆手順(A)文字マスクツールを使って、元の画像をマスクします。

横書き文字マスクツールで文字入力後、コピーペースト

※文字マスクツール・・・文字の形に範囲選択するためのツール。入力確定後に文字修正は出来ないとの事。
002_文字マスクツール003_文字マスクツール適用

文字で選択されたレイヤーが作成されます。

※(左)レイヤー設定画面(右)文字で選択されたレイヤー(レイヤー1)を画像にしたもの
004_文字マスクレイヤー005_文字レイヤ

◆手順(B)シェイプを使って元画像のクリッピングマスクを作成します。

カスタムシェイプツールを選択後、シェイプを選び、クリッピングしたい場所に描画します。

※下図は、「パズル3」を選択した例
006_シェイプ007_シェイプ選択

同様に他のシェイプでも、クリッピングしたい場所に描画します

※あくまでもテクニックの説明のために複数、別々の場所、形で描画しています。
008_007_シェイプ適用

背景レイヤーを選択した状態で、背景レイヤーを通常のレイヤーに変換します。

※背景のままではマスクを掛けることが出来ないため
※本例では「背景」を「町並み」という名称のレイヤーに変換しています。
009_背景をレイヤーに

マスクの型として使うシェイプのレイヤー(本例では4つのシェイプ・レイヤー)を「町並み」より下層のレイヤに配置させます。

また、4つのシェイプ・レイヤーをまとめてマスクの型としますので、グループ化しておきます。

010シェイプをグループ化011シェイプをグループ化適用012シェイプをグループ化適用された

マスクされたいレイヤー(本例では”町並み”)を選択した状態で、クリッピングマスクを作成します

013_マスクレイヤー選択014クリッピングマスク

“町並み”レイヤーが4つのシェイプでクリッピングされます。

また、手順(A)で作成していた”レイヤー1″もそのまま残っています。
015クリッピングマスク適用
このような画像が出来上がります。
レイヤー1はそのまま残り、元画像が4つのシェイプでクリッピングされています。
016_最終画像説明

最後に

元の写真を、文字やいろいろな形でクリッピングすることが出来ます。
これを使ってフライヤーやバナー作成などに活かしたいと思います。
お疲れ様でした。


  • スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA