草間彌生 幻影の彼方/〈物〉と〈絵画〉の相克 ―菊畑茂久馬《ルーレット》とその時代 | 福岡市美術館

  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク

草間彌生、作品をまとめて直接観る機会は初めてでした。
中でも、「網」、「無限の水玉」、「揚子江」などは特に好きな感じ。

繰り返され、発散し、収束する。
有限な世界と無限な世界。
男性器と暴力。(妙に納得してしまう)
現実と幽玄。

菊畑茂久馬、前回も市立美術館で観たんだっけ?
2011年8月だから約2年前。
ルーレットの意味するところは相変わらずわからない。
そして、わからないままの方が楽しい☆

草間彌生、菊畑茂久馬
—–
草間彌生 幻影の彼方
2013/5/14〜6_30

〈物〉と〈絵画〉の相克
―菊畑茂久馬《ルーレット》とその時代
2013/5/14〜6_30

福岡市美術館


  • スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA